乙女の書庫。

見たり読んだりしたものの覚え書き。BL成分注意。

『誰からも「感じがいい」「素敵」と言われる大人のシンプルベーシック』鈴木尚子

おしゃれ本が続いています。

今回は、以前に他の本の感想も書いた鈴木尚子さんの本です。

 

 〈良かった点〉

タイトルからわかるとおり、この本もベーシック推しです。たしかに、年齢を重ねると、奇抜な服やカジュアルな服が似合わなくなる(自分比)ので、大人にはベーシックで品がある服が必要になる気がします。「今までカジュアルや奇抜な服ばかり着ていたけど、今更ベーシックな服なんて何着たらいいかわからない!」みたいな人にはおすすめです。

「コーディネートの軸をつくるボトムス」という章で、ボトムスの大切さを訴えているのには同感です。買い物に行く時、ついついトップスに目がいってしまいますが、ボトムスは本当に大事!自分に似合うパンツとスカートの種類を知っておくと、コーディネートがきまるようになります(実体験)。

また、一口に「スカート」「パンツ」と言っても、色々な種類や丈があり、それぞれどういう人が似合うのかが書いてあるので、いつも同じようなボトムスを買ってしまうけど似合ってない気がする…という人には解決の糸口になるかも。

「パンツの試着で気をつけること」が書いてあるのもよかったです。パンツを試着をしてもサイズが明らかに小さかったり大きかったりする場合以外、「これ、サイズ合ってるの??」と悩むことがあるので。ウエストはピッタリだけど、膝下に皺が入るとか、お尻がぴったりしすぎてる…?ストレッチ素材だからピッタリしていいの…?とか自分では確信が持てない時ありますよね。

 

〈私には合わないと思った点〉

合わないと思った点はないのですが、写真が多くて、あっという間に読めてしまうので、少し物足りないかな。ボトムス重視なので、トップスについては殆ど書いてありません。

あと、骨格診断について書いてあったのですが、この手の本に書いてある骨格診断は簡易的なものなので、色々な要素がつまっている(例えばナチュラルの要素も持つストレートとか)タイプの人だと誤診してしまう可能性が高くて、かえって混乱するな〜と思います。私もストレートもウエーブもナチュラルも当てはまる要素がほぼ同数だったりするので…。