乙女の書庫。

見たり読んだりしたものの覚え書き。BL成分注意。

宗教って何?神って何?『沈黙-サイレンス-』

『沈黙-サイレンス-』を見てきました。

chinmoku.jp

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。

日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々―

守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―

 公式サイトより引用

 

タイトルにも書きましたが、「宗教、神とは何なのか」を考えてしまう映画でした。

最近の世界情勢や、宗教が起こす事件などを見ていると、行き過ぎた信仰は人を排他的にする気がしてしまって。あまり良い印象がないです。もちろん、宗教によって救われる人もいるのでしょうが…。

映画の中で、キリシタンたちは処刑されるとわかっていても、踏み絵や十字架に唾を吐くことを嫌がります。キリストが描かれた絵や十字架は、ただの偶像なので、心の中でキリスト教を信仰していても、こういう場合は、踏んだり唾を吐いてもいいのでは…と特定の宗教への信仰を持たない私は思ってしまいました。信仰は心の問題なので、そんな形式張ったもの(偶像)に囚われなくてもいいんじゃないかな。

教会のシステムや偶像も後世の人が作ったもので、信仰の本質ではないので、そういうことにこだわるのはナンセンスな気がしました。キリスト教について詳しくは知らないので、的外れだったらすみません。キリスト教にしても、他の宗教にしても、最初は考え方みたいなものを説いていたのではないかと思うんです。それが、時代を重ねるにつれ、どんどん形式・格式めいたものになったり、後世の人の思惑によってやたら神聖視されたり、解釈が変わっていっているような気がしていて。

人は何かしらの安らぎや救いを求めて信仰を持つと思うんです。もちろん、ただ単に甘いだけが宗教ではなく、心を鍛錬するために厳しい修行もあるでしょうし、何かを成し遂げるためには試練を乗り越えることも必要でしよう。でも、この映画で描かれているキリシタン狩りは、試練というにはあまりにも重すぎて、絶望的なものです。個人の力でどうこうできるものではない。これを試練と捉えて、形式や偶像を尊重するあまり、無意味に殺されていくなんて、宗教として本末転倒な気がしました。

映画の中でも主人公のロドリゴ神父は葛藤していましたが、仮に神(またはキリスト?)がこの場にいたら何と言うでしょうか。「信仰を守って最後まで踏み絵をせず、死になさい」と言いますかね?それとも、「信仰はあなたの心にあればいいのです。今は踏み絵をして生きなさい」と言いますか?前者だとしたら、あまりにも勝手すぎませんか。神が本当に慈悲深いのだったら、後者を言うと思うのですが…。

そして、神様ってなんなんでしょうね。世界を見ると何の罪もない人がたくさん死んでます。悪い人が得をして、善い人が損をしていたりします。

宗教によって色々な考え方はあると思いますが、生きているうちに善い人を助け、悪い人を罰するのが神なのでしょうか。または、死後何らかの報償を与えたり、罰するのが神なのでしょうか。それとも、善いものも悪いものも全て受け止めるのが神なのでしょうか。苦しいとき、一緒に苦しんでくれるのが神なのでしょうか。

現実的に考えると、神なんていないと思ってます。そんなものは人間が作り出した都合のよい存在でしかない。でも、そんな私でも寺社仏閣を巡るのは好きだし、そこではお祈りしたりする。罰当たりなことをするのも抵抗がある。なんか有耶無耶な存在。やっぱり心の拠り所みたいなものが欲しいのかな。

感想というより、自分の宗教観みたいな話になってしまいましたが、普段考えないことを考える良いきっかけになりました。

映像も、台湾で撮っているのに、すごく和を感じる風景やカメラワークがあって、面白かったです。

 

 

 

『コヨーテ』1巻 座裏屋蘭丸

今回もコミックスを読むのは初めての作家さんです。

と言っても、コミックスは初めてだけど、漫画は『PINK GOLD』で読んだことはあります。絵が奇麗なので、ずっと気にはなっていたのですが、やっとコミックスをGET。

 

※ネタバレが嫌な人は引き返してください。

コヨーテ I (ダリアコミックス)

コヨーテ I (ダリアコミックス)

 

 

続きを読む

『ネオンサイン・アンバー』おげれつたなか

昨年、全然BLを読みませんでした。なので、今年は、今まで読んでいなかった作家さんの本も積極的に読むぞ!と誓った新年。

さっそく新しい作家さんの本を買ってみました。

おげれつたなかさん。新しい作家と言っても、それはあくまでも私の中で、デビューされてから何年かたってます。私も名前は前から知っていましたが、なかなか読む機会がなく。

たまたまネットで試し読みしてみたら面白かったので、今回は書店で買ってみました。

※ネタバレ嫌な人は引き返してください。

 

ネオンサイン・アンバー (ディアプラス・コミックス)

ネオンサイン・アンバー (ディアプラス・コミックス)

 

 

続きを読む

熱き登山家たちのドラマ『MERU/メルー』

今年3本目の映画は『MERU/メルー』。

meru-movie.jp

以下、公式サイトによる紹介を引用。

ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁“シャークスフィン”。
この難攻不落の直登ダイレクトルートに挑んで敗れた3人の一流クライマーたちが、
過去や葛藤を乗り越え、再び過酷な大自然に立ち向かっていく姿を描いた、
壮大なスケールの山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。

 

私も登山をほんのほんのほんの少〜し齧った身なので、興味津々で見てきました。

 

見て思ったのは、やはり登山家ってクレイジーだな、ということ。

食料がわずかになって、その状況だったら撤退するしかないでしょ!という時でもガンガン登っちゃうし。まあ、諦めきれないのもわかるんだけど。

 

中でも心に残ったのは、この映画の監督でカメラマンで主役の一人でもあるジミー・チンの言葉。

彼は、母親と「必ず生きて帰ってきて」という約束をした上で登山を続けていたのだけど、母親が亡くなった時、彼は何と思ったでしょう?

「前が開けた気がした。」*1

「前が開けた気がした。」ですよ?*2

今まで母親に気をつかって登っていたけど、約束する相手がいなくなったので、もっと危険な山やルートにも挑戦できると思ったということですよね。

この言葉に登山家のサガが現れている。

 

映画の中で、登山家は家を持たずに車中泊をしているような人も多い、と説明されていたけど、やはり登山で厳しい自然に触れると、社会の常識とか馬鹿馬鹿しくなってしまうんですかね?

それとも、社会からはみ出しているからこそ、登山に惹かれてしまうのか。

卵が先か鶏が先か、みたいに答えは出ないかもしれないけど気になります。

 

 登山だけを描いているのではなく、登山家の人生も描いた映画なので、登山に興味が無い人でも楽しめるのでオススメです!

登っている3人、それぞれにドラマがあり、思わず応援したり感情移入してしまいます。

登っている本人が映像も撮っているので、リアリティのある高所の映像も必見。

 

見た後、スカッとした気分になるので、何か悩んでいる時に見たら、前を向く勇気を貰えそうな映画です。

 

*1:映画を見たのは1ヶ月前なので、正確にはこの言葉ではなかったかもしれないけど、だいたいこんな意味の言葉でした。

*2:大事なことなので2度書きました。

BLとは「関係性をみずみずしくとらえる作業」『俺たちのBL論』

今日の感想はこちら。

 

俺たちのBL論

俺たちのBL論

 

 

簡単に説明すると、腐男子のサンキュー・タツオさんがBL初心者の春日太一さんに「BLとはなんぞや?」と教えていく本です。

 

タイトルに書いた

 BLとは「関係性をみずみずしくとらえる作業」

は、この本の対談でBLに目覚めた春日太一さんのお言葉。

今まで、こんな素敵な言葉でBLを定義したことがあっただろうか…。

しかも、男性の口からこれが出てきたということが凄い。

 

大変面白く読みました!

自分の経験と照らし合わせながら読んだので、自分を見つめ直して、「あれっ、私ってBLではこういう設定が実は好きだったんだ?!」という新たな発見もありました。

 

感想を書こうと思って付箋を貼って読んでたのですが、貼った付箋の数は33枚にもなったよ…。

それらについて全部言及しようと思うと、記事を何個かにわけなくてはならないぐらい長文になってしまうので、簡単に。

 

「BL」と「やおい」、「オタク」と「腐女子」の違い

世間では混同されがちな、この違いについて説明されていたのは良かったです。

でも、「やおい」という言葉、今の若い子は使うのかな?

既に死語な気もします。

 

萌えには「キャラ萌え」と「関係性萌え」がある

これには、すごく腑に落ちました。

私、2次創作の同人誌を買う時、「キャラとしてはAが好きだけど、カップルとしてはB×Cの方が萌える」というのがたくさんあって、どちらかというと好きなキャラの本より、萌えるカップルの方が同人誌で読むのが好きだったりします。

それって関係性萌えだったんだな、と今になって思います。

 

「腐」とは余白と補完の知的遊戯である

こちらも本の中にある名言ですが、本当にそう思います!

これは2次創作についてですが、1人のキャラ、1つのカップルでも、腐女子から見たら色々な解釈があって、そのキャラのどこにスポットをあてるかによって、全然違うストーリー(妄想)を作り出せるんですよね。

本の中にもありましたが、自分が好きなカップリングしか認めなくて、それ以外のカップリングを拒否する人もいるのですが、私はその辺はかなりゆるい思考だったので、1つの作品の中でも色々なカップリングを読んでました…。

自分が思いつかなかったカップリングを読むと「おお、そういう解釈の仕方があったか…!」「このキャラにはこういう一面があったのか…!」*1と思ってしまって、色々な同人作家さんの解釈を知るのが面白かった。

 

なんで男同士なのか

たぶん、BLに興味ない人も、腐女子も1番知りたいのはこれですよね。

当事者の私でも、なんでBL好きなのかわからないし、永遠の謎です。

本の中で、タツオさんに教育されて春日さんが段々BL好きになっていくのは、わかりやすいですが、私の場合、最初から抵抗無く読めたし。

 

自分でもBL好きなのが不思議で、その答えを探しに、以前にもこういうBL論的なものを読んだのですが、ジェンダー論とか「女性は抑圧されているから」みたいな本が多くて、全然ぴんと来なかった。

 

この本の中では、

  • 男×女だとどうしても女が受け入れる側になってしまう
  • 男×女では恋愛以外の関係性に持っていくのは難しい
  • 男×男だとお互いが対等な関係で描ける
  • 男×男だと関係性にバリエーションがある
  • 男×男だと女性の自分は関係ないので一歩引いたところから読める

などの説が書かれていて、たしかに頷けます。

作家のあさのあつこさんも「男×女では関係性が決まってしまうけど、男同士だと恋愛以外の関係性が書ける」みたいなことを仰っていたのを、どこかのインタビューで読みました。(うろ覚えなので間違っていたらすみません。)

 

ジェンダー論よりはしっくりきましたが、これが全てかというと…?

 

私の場合、男性が傷ついたり悩んだり追いつめられたりする精神のギリギリなところが見たいというのもある気がします。

少女漫画だと、主人公の女の子の心理描写はあるけど、相手の男の子の心理描写はなかなかないので。

 

初心者にBL本を薦めるなら何にするか

これ、いつも悩みます。

1冊目に読んだものがつまらなかったら、もうBLに興味がなくなってしまうので、面白がってくれそうなものがいいですよね。

この本の中では、中村春菊の「世界一初恋」「世界一初恋」、中村明日美子「同級生」シリーズ、水城せとなの「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」でした。

 

私、中村春菊苦手なんですよね…。

世界一初恋」のシリーズは読んだことがないので、もしかしたら面白い可能性もありますが…。

 

あと、「窮鼠は〜」のシリーズは、作者のお2人は「内面描写が凄い!」と絶賛されていましたが、これも私は苦手で。*2

読み応えはありますが、ドロドロしていて、恋愛に執着しているかんじが女々しく感じてしまって。

BLというよりレディースコミックを読んでいる気分になってしまいます。

 

だから、私が薦めるならこの2つはないな。

 

私が3冊選ぶなら、タツオさんも薦めていた中村明日美子「同級生」シリーズ、寿たらこの「コンクリート・ガーデン」、高永ひなこの「恋する暴君」にするかも。

 

「同級生」シリーズは、本の中でも同じことが書いてありましたが、少女漫画の延長線上に読めそうなので。

1冊めでいきなり、出会い→セックス*3にならなくて、何冊かかけて徐々に恋が深まっていく様子も、初心者には読みやすいのではないかと。

 

「コンクリート・ガーデン」はSFなので、特殊な設定の方がファンタジーとして男同士ということに抵抗なく読めそうだから。

 

恋する暴君」も少女漫画の延長として読めそうな絵柄だし、なにげに心理描写が凄い。

さすが10巻も続いているだけあって、登場人物の心理戦がガッツリ描かれています。

でも、レイプまがいの行為が最初の方にあるし、主人公の森永くんはめっちゃ恋愛脳なので、駄目な人は受け付けないかも…。

 

「腐」とは個人的なもの

これも本の中に書いてありましたが、本当に個人的なものなんです。

だから、この本に書かれていることが全てではないし、もちろん異論反論もあります。

 

本の中にあった無機物萌え(鉛筆×消しゴムとか)を腐女子が全員しているかというと、違います。

そんなこと、私は考えたことないです。*4

街中であやしい2人の男子を見ても、そこで妄想なんてしたことないです。

 

腐女子が漫画や小説を読んで、なんでもかんでもBL的妄想をするかというと、それも違います。

BLではない普通の本を読んで「あー面白かった!」で終わる作品もあるし、「むむ、こいつら萌える…!」と腐女子スイッチが入る作品もある。

私は前者の普通に読むパターンの方が多いです。

BL以外の本で腐女子スイッチが入ることなんて、全体の1パーセントもないのでは。

私はなかなかスイッチが入らないタイプだけど、逆にいつでもスイッチ入りまくりな人もいます*5

 

わたしはオリジナル作品のBLもやおい(2次創作*6)もどっちでもいけますが、その片方しか好きじゃない人もいます。

実際、やおいは好きだけどオリジナル作品のBLは読まないという人はけっこういます。

 

オリジナル作品のBLの消費の仕方も、少女漫画と区別なく「恋愛もの」として読んでいる人もいれば、かっこいい男性がたくさん出てくるから好きという人もいるでしょうし、性描写激しめの作品も多いので単なるエロ本として読んでいる人もいると思います。

 

だから、BLに今まで興味がなかった人がこの本を読む場合、この本は本当に「入り口」だと思ってください。

あくまで作者の2人が考えるBL論なので。

 

余談

BL年表に

98年「ANIMAL X」杉本亜未徳間書店

とありましたが、正しくは92年に角川書店から出たのが最初では。

「ANIMAL X」は、角川書店徳間書店白泉社と色々な会社から出ていますが、角川書店版以外は再録か、再録+新作だったはず。

 

あと、年表にCJ Michalskiの漫画が入っているのも謎だ。

この人の漫画好きだけど、年表に入るほどすごい売れたとかBL業界が盛り上がったという記憶は無いのですが、私が知らないだけ??

 

*1:もちろん、勝手なキャラ付けをするのではなく、原作の中にある「ヒント」を拾い上げて、その一面にスポットをあてることによって新しい解釈のキャラ付けができる。

*2:水城せとなの他の作品は好きです。

*3:最近のBLは1冊で即セックスになるので、この風潮には物申したい。これを書き出すと長くなるので、別の機会に。

*4:「妄想しろ」と命令されたら、考えることはできます。

*5:私の友人は、漫画でも小説でも映画でも、「腐」要素があるものは何でも好きで、あらゆる「腐」要素のあるものをチェックしていた。

*6:更に補足すると、この本の中では女性が書く2次創作は男同士の恋愛ものしかないような誤解を与えますが、ギャグや普通の友情話、日常の話などの恋愛じゃないものもあります。また、恋愛でもノーマルカップリング(男×女のカップリング)もあります。